daybyday

デザインと日々

5月の展示巡り

土曜日は疲れもあったんで引きこもってたけど、天気も良いことだし、日曜日はお出かけ。

 

久々の上野へ。

f:id:rie141:20170528173707j:image

まず観てきたのはブリューゲルのバベル展。

なんとボッシュも2点きているとのとこでいそいそと観にいってみた。

バベルの絵は意外と小さかった。

この小さい絵にチマチマと人々が活動している様子も描いててとても手が凝ってる。

近くでじっと観ていたい…というような絵なのだが、立ち止まらずに歩いて観ていかないといけないのでちょっとの間しか近くで観れず。

やっぱりこれは名作だね。ウォーリーを探せ的な感じであちこち細かく描いてあって、観れば観るほど発見があり、ずっと観ていられる絵だった。

ボッシュの絵は…ボッシュの有名作に比べると規模が小さいなと思ってしまったが、遊び心ある相変わらず変な絵で観れてよかった。

ちょこちょこと変なの描いてるよなー遊んじゃってる感じ。しかも変な絵ブームのカリスマだったようで。

ボッシュみたいな変な絵を描くブーム巻き起こしてらしい…っていうんだから、やっぱりこの人すごい人だったんだな、と。

あーボッシュの有名作観てみたいなぁ〜。あの変な絵を間近でじっくり観てみたいわ〜〜〜。

 

f:id:rie141:20170528174417j:image

次にシャセリオー展へ。

シャセリオーって、今回展示あるまで聞いたことなかった名前だ。

マイナーだよね…。

フランスのメジャー画家はもうこれまで日本で結構展示やってきたしね。

今度は日本で名前の知られてない画家をマーケティングした感じなのかな。

なんて思いつつ、最終日に滑り込み鑑賞。

会場は意外とそれほど混んでない。

15、6歳であの自画像描けるってなんて…上手すぎ。画面斜め左上にチラリと見えるパレット…画家だぜというプライドだろうか?

アングルも認めたデッサン力…マジでこの人デッサン上手い。

最初の方の作品は正直何かつまらなかった。

何かこう…上手い人によくある手数少なくささっとまとめた感あって、サラリとしてて味がないのかも。

でもね、後半いいね。

特に肖像画いいじゃない◎活き活きとした表情が、じっと観てると動き出しそうなほどだった。

素描観ても、やっぱり人物の表情がたまらない良さだ。

 

満足だ◎

ちょっとしたストラップを購入。鍵につけるストラップ欲しかったから丁度良さそう!

 f:id:rie141:20170528185355j:image

 

帰りにユニクロ寄ってみたが欲しいやつのサイズがなかった。

頭痛してきたから帰ろう、と帰宅。

頭いてーーー。

体力落ちた⁇歳かー?

お出かけできたから今日は満足◎